ホームにもどる

ゆめ、天へと還る(2)

だんだん小さくなってきたゆめ「天寿をまっとうする」という言葉は、ゆめのためにある言葉のようだ。

 ケフィもでんも長生きだったが、最期の1月はほぼ毎日のように病院に通った。食べ物を口にしないので点滴を打ち、腹水や胸水を抜いた。家で留守番させておくよりも病院に預けておいた方が安心だった。

 ところがゆめは、病院に預けて点滴をしたのはたったの2回。亡くなる日と、その前日だけだ。
 本格的に食べなくなってきたのは亡くなる1週間ほど前だし、前にも書いたように亡くなる2日前まで家のなかを自由に歩き周り、階段の上り下りまでしていた。

 荼毘に付したときにも、でんやケフィのときにはあった黒い塊(病気があった場所がそうなるらしい)は見つからず、真っ白な骨だけが残っていた。霊園の方も「どこも悪いところが無かったみだいだから、この猫は本当に老衰だね」と言っていた。

クリックで拡大

別名「神の猫」

バターと一緒に遊んでいたキャットタワーが祭壇代わり 耳が聞こえず、捨てられたゆめは、たまたま通りかかった人間に拾われ、飼い猫になった。耳が聞こえないおかげで恐怖心も警戒心も少なく、カラスや犬とも友達になれた。何より独特の鷹揚さと愛嬌で人間にとても愛された。

 耳が聞こえないことをものともしないこと。偶然の出会いで我が家へとやってきたこと。他の猫に襲われて背中の皮が全部はがれるほどの傷を負っても、生き延びて家に戻ってきたこと。病気一つせず、21歳7カ月まで生きたこと。

 そんなことから家族の間でゆめは別名「神の猫」と呼ばれている。


神様への報告が終わったら

 真っ青な目をした真っ白なゆめは、「もしかしたら神様が我が家に使わした『神様の猫』だったのかもしれない」とも思う。奇跡的な力を持った「神がかった猫」でもあるし、存在そのものが神のようでもあった。
 いずれにせよ、神にうーんと愛された猫だった。

「神の猫」は胸を張って天へと還って行った。「みーちゃん」さんが言うように、今頃は空を闊歩しているに違いない。いや、そろそろ神様のもとへたどり着き「人間とたくさん遊んでやった」と、人間界での出来事を報告しているかもしれない。

 報告が終わったら早く毛皮を着替えて、また人間界に降りて来るんだよ。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
関連記事

コメント

Secret

No title

そうですね。かなり長い間、人間を楽しませてくれたのですから。表彰状ものです。

No title

どこも悪いところがなかったというのは、すばらしいです。
ゆめちゃんが、本当に自分を生き切ったということなのですね。

神様に人間界での出来事を報告して、
きっとその長きにわたる功績が表彰されているのではないでしょうか。
ますますゆめちゃん、胸を張ってお空を闊歩してますね。
ブログリニューアル
このブログは「ミーちゃんを探して」を2017年2月20日にリニューアルしました。
ブログについて
さいたま市岩槻区で地域猫として住民に愛されていた三毛猫の「ミーちゃん」。 このブログはまず、2008年に行方不明になったミーちゃんの情報収集のためにつくられました。 […続きを読む
プロフィール
カテゴリ
本 (8)
RSSリンクの表示
迷子のミーちゃん
迷子のミーちゃん表紙
先生と迷い猫
先生と迷い猫
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
月別アーカイブ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10 
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
最新記事
ページへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QRコード