ホームにもどる

ミーちゃんとタマ

たま ミーちゃんの本『迷子のミーちゃん~地域猫と商店街再生のものがたり~』の出版にあたって、改めて考えてみると、同じ「人なつっこい猫」であっても、ミーちゃんとタマの性格はぜんぜん違う。

 ミーちゃんはいつも裏口から入ってくるような、人間が気付くまで何時間でもじーっとドアの前で待っているような奥ゆかしい猫だった。

 対してタマは、常に「ミャー」「ミャー」と鳴き、人に呼びかけている。「ここにいるよ」という自己主張がかなり激しい。
 私が自宅にいると、その音を聞きつけて公園から呼ぶ。

 今朝などは鳴きながら公園を出て、道路にまで走って行き、小学生の男の子を追っていた。

クリックで拡大

 タマが公園にやって来た頃、私はだいぶミーちゃんの姿をタマに重ねていたのだと思う。「もしかしたら、どこかでミーちゃんもこうやってゴハンをもらっているかもしれない」と思い、ついついゴハンをあげてしまっていた。
 
 でも、今のタマを見ているとミーちゃんのことは想像できない。どっちがいいというわけではなく二匹の個性はまったく違うのだ。

地域(公園)猫との付き合いの限界

 ただ、タマのおかげで少し楽になったことがある。
 それは飼い猫ではない「地域(公園)猫との付き合いの限界」が分かったことだ。

 ミーちゃんが行方不明になって以来、「もっとこうしてあげればよかった」「なぜ、こんなふうにできなかったんだろう」と、悶々としてきた。
 たとえば、「どうして家に連れ帰って我が家の猫にする努力をしなかったのか」などと、ずーっと思ってきた。

 でも、この1ヶ月あまりのタマとの付き合いで、後悔よりも「あれ以上どうしようもなかった」という思いが少し勝ってきた(もちろん、「どこかでミーちゃんが辛い思いをしているのではないか」という心配は変わらないが・・・)。

 たとえどんなにタマを心配して、意地悪をする子どもに近づけないようにしようとしても、タマは公園に行く。だれもそんなタマを止めることはできない。

 私がデッキにいると、タマは走ってやってきて物置の上でくつろぐが、私がいなくなると、また公園に戻っていく。私がデッキの棚に古い毛布などを敷いてつくったタマのスペースがあるのに、そこには絶対に寝ないのだ。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
関連記事

コメント

Secret

ブログリニューアル
このブログは「ミーちゃんを探して」を2017年2月20日にリニューアルしました。
ブログについて
さいたま市岩槻区で地域猫として住民に愛されていた三毛猫の「ミーちゃん」。 このブログはまず、2008年に行方不明になったミーちゃんの情報収集のためにつくられました。 […続きを読む
プロフィール
カテゴリ
本 (8)
RSSリンクの表示
迷子のミーちゃん
迷子のミーちゃん表紙
先生と迷い猫
先生と迷い猫
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10 
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
最新記事
ページへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QRコード