FC2ブログ
ホームにもどる

通い猫という生き方もありだけど

仲良しなタマとキチ。ふたりでお散歩 なるほどリスク・ヘッジのために何軒もの通い先を持っている「通い猫」という生き方は、どこか一カ所に定着するよりもある意味、安全かもしれない。

 一見、いちばん安心に見える飼い猫という立場にいても、アルフィーのように、突然、飼い主に先立たれるということだってある。それは猫にとってはかなりのリスクだ。
 しかも一軒の家、ひとりの飼い主に守られた「箱入り猫」になってしまえば、世間を渡り歩く術も忘れてしまう。

 もしかしたらキチも、数軒の通い先を渡り歩くという生き方を選択しているのかもしれない。そしてそのときのいろいろな状況で、「しばらくはこの家に足繁く通おう」と決めたり、逆に「今はこの家に近づくのは止めておこう」と考えたり、しているのかもしれない。

クリックで拡大

ひょっこりキチが顔を出した

久々でも専用ざぶとんはお気に入り 毎度のことだが、しばらくぶりにやってきた日は、ちょっとだけ警戒心が強くなっている。いつも以上にこちらが近寄るのを怖がり、スリスリもしようとしない。

 近づいたと思ったら、また距離が開く。あと何度くらいこんなことを繰り返したら、キチがもっと安心してくれるのか。

 もしキチが「通い猫」としての生き方を選ぶのであれば、それも尊重してあげたいとは思うけれど、せめて2日に1回くらいは顔を出してはくれないものか。
 何日も顔を見られないでいると「何かあったのでは」と不吉な想像が膨らんでしまう。


何かあったらここにおいで

 だからキチがやってくるたび、私は話しかける。

「何があっても、ここに来れば大丈夫だよ」と。
「たとえ何軒、通い先があったとしても、ここがキチの基地であることにはかわりはないよ」と。

 困ったことや怖いことがあったら、ここに逃げ込んでくればいいからね、キチ!
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
関連記事

コメント

Secret

ミーちゃん

本当にそうですね。
「しばらく用事があって来れない」とか、「石ひとつなら『明日は来るよ』の印」だとか・・・。そんなことが分かったらどんなにありがたいか。
もしかしたら「来ない」と思っているのは人間の都合で、昼間、人間が留守の間に来てじーっと待ってたりするのかもしれないです。もしそんなふうに待ってたりするとしたら、それもかわいそうだな、とか思ったりします。

No title

もしかしたら数件通えるお家があったとして、
それはそれでよいことなのかもしれませんが、
お外の猫さんと接していつも思うのは、
今日は用事でこれないとか、でも元気だよとか、
ごはんだけおいといてとか、
石ころ1つだとこうとか、
なにか決めて、メッセージを送ってくれたら、
こちらも安心出来るのになぁ・・・と、いつもそんなこと考えてます。

キチが一番安心できるキチだと、段々と思ってくれたら嬉しいですね。


ブログリニューアル
このブログは「ミーちゃんを探して」を2017年2月20日にリニューアルしました。
ブログについて
さいたま市岩槻区で地域猫として住民に愛されていた三毛猫の「ミーちゃん」。 このブログはまず、2008年に行方不明になったミーちゃんの情報収集のためにつくられました。 […続きを読む
プロフィール
カテゴリ
本 (8)
RSSリンクの表示
迷子のミーちゃん
迷子のミーちゃん表紙
先生と迷い猫
先生と迷い猫
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10 
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
最新記事
ページへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QRコード