ホームにもどる

ミーちゃんが本になりました!

迷子のミーちゃん表紙ミーちゃんがいなくなってからもうすぐ9か月が経とうとしています。

「ミーちゃんを見つけたい」
……それだけを願って始めたブログが、本になるとは思ってもいませんでした。

電柱やポストのように風景に溶け込み、当然のように商店街にいたミーちゃん。その姿が見えなくなって、私たちははじめてその存在の大切さを知りました。

会社に行くのがイヤなとき、ミーちゃんを撫でて会社にいく元気をもらっていたOLさん、ミーちゃんに会うのが楽しみで美容室に通っていた幼稚園児の男の子、休日にわざわざ車でゴハンをあげにきていた近所の方etc.

いろんな人が、ミーちゃんに励まされ、癒され、助けられ、生きるエネルギーをもらっていたのでした。


amazonで購入

そして、ミーちゃんの姿が見えなくなったことで、ミーちゃんを可愛がっていた人たちの間に横のつながりがうまれました。

ミーちゃんを探しているうちに、商店街の人だけでなく人々の温かさに触れ、「私の育った商店街はこんなにいい街だったんだ」と再確認することができました。
日なたのミーちゃん再開発で人とのつながりがなくなってしまったかのように見えた商店街には、「お互い様」と助け合える「おつきあい」が残っていたのでした。

その「おつきあい」の一役として、みんなが足をとめて話しかける、ミーちゃんの存在があったのだと思います。

ミーちゃんという小さな存在が

「人はひとりでは生きていけない」

という、人生で忘れてはいけない大切なことを教えてくれたのだと気付きました。
ミーちゃんが今はどこかでまた、みんなに幸せを与えてくれているといいなと思います。

そして、この本が出版されたことで、「最近ウチに来るコだよ!」なんて、明るいニュースが聞けることを切に祈っています。


出版社のリリースより

◇迷子のミーちゃん
~地域猫と商店街再生のものがたり~

☆発行・発売 扶桑社   
☆発売日 2009年7月8日       
☆体裁 四六判176ページ  
☆定価 1260円(税込み)子供さんも読める総ルビつき

人はひとりぼっちでは生きていけない。小さな存在が教えてくれたこと

内容



再開発が進んで寂れてしまった埼玉県のある商店街に、住み着いていた三毛猫のミーちゃん。いわゆる地域猫です。
ところがある日、ミーちゃんが行方不明になってしまいます。

通勤通学途中で毎日ミーちゃんにゴハンをあげていた人たちや、商店街の料理屋さん、金物屋さん、美容室の人など、ミーちゃんを可愛がっていたみんなが総出でミーちゃんを探します。

そして「ミーちゃん、見つかった?」を合い言葉に、商店街には立ち話をしたりお互いお店の前を掃除しあうような関係がつくられ、商店街を通り過ぎていた人々の間に、輪が広がっていきました。

ミーちゃんがいなくなってはじめてみんなは気付いたのです。ミーちゃんが「ただそこにいる」ことで、たくさんの人が励まされ、癒され、助けられ、生きるエネルギーをもらっていたことを。
ミーちゃんを通して、みんなが損得を忘れて飾らない付き合いができ、助け合えていたことを知りました。そう、ミーちゃんという小さな存在が「人はひとりでは生きていけない」という、人生で忘れてはいけない大切なことを教え、みんなに幸せを与えてくれていたのです。

地域猫についてだけでなく、地域や人とのつながり、人に頼って生きることしかできない小さな存在が秘めた価値、人が“人間らしく”幸せに生きるとはどういうことなのかを考えさせられる本です。

もくじ



第1章 商店街に住む地域猫、三毛猫のミーちゃん
第2章 変わりゆく商店街の風景
第3章 ミーちゃんが行方不明に!
第4章 帰ってきたミーちゃん
第5章 ミーちゃんが戻ってきた商店街
第6章 ミーちゃん、再び行方不明に
第7章 ミーちゃんはどこからきたの?
エピローグにかえて


クレアの表紙でおなじみの、はっちゃんからも応援のコメントをいただきました!

amazonで購入
関連記事

コメント

Secret

てんてん丸さん あかぱんださん

みーちゃんの本を読んでくださったんですね。
ありがとうございます。

あかぱんださんのご近所の三毛ちゃんも幸せにみんなに可愛がられるといいなあと思いますし、てんてん丸さんの猫ちゃんが早く帰ってくることをお祈りします。
諦めなよって言われても、諦められないですよね。胸が痛くなります。

みなさんが我がこととして、身近に捕らえてくださって、少しでも何か伝えることができたのかなって嬉しく思いました。

はじめまして

今日、本を購入して、読ませていただきました。
私も今、いなくなってもう8ヶ月たった愛猫を探しています。
まだポスター貼ったり、情報紙に載せていただいたりしていますが、見つかりません。
「こんなに長く帰らないんじゃあ、もうあきらめたら」と言われる方もいて、最近酷く落ち込むこともあったのですが、
ここにも頑張って探している方がいらっしゃるんだ、と勇気をもらいました。
ありがとうございます。
どうか、無事にそして、元気に帰ってきますように!

本を購入しました

私の住む街の駅前にも、三毛猫のミーちゃんがいます。タクシーのおじさんや行き交う人々に可愛いがれています。本屋さんで、“三毛猫のミーちゃん”に目が留まり本を手にしました。とても素敵なお話でした。1日も早くミーちゃんが見つかることを祈っています。

お元気主婦さん

ブログでもご紹介いただきまして、ありがとうございました。
美容室にも来ていただいたことがあったんですね! ご縁を感じます!

先日、通勤途中で会う大きな白いワンちゃんが亡くなったと、いつもいた場所に祭壇ができていました。
あぁ、と寂しい気持ちになりましたが、お花がたくさん贈られていて、地域のみんなから愛されていたんだなーと思いました。

akikoさん 

コメントつけていただきまして、ありがとうございました!
はっちゃんのところから来ていただいたんですね。

みんなで相談してご飯の場所を決めて、食べ終わったらお掃除し、つねにキレイにするようにしていたのですが…、存在すら目障りだと思われたのかもしれないですね…。

戻ってきたら、ミーちゃんは嫌がるかもしれないけど、飼い猫にしたいと思います。


No title

はっちゃんのところから来ました。
ミーちゃん、心配ですよね。。元気で暮らしてるならいいのですが。。
雌猫がそんなに遠くまでいくことはないと思うので、やはり猫嫌いな人に遠くまで捨てられたか。。
これはなかなか難しいかもしれませんが、猫嫌いな人からも話を聞くっていうのはどうでしょう・・?何か知ってる人がいるかも・・!
猫好きな方もたくさんいますけれど、弱いものである猫を残酷に切り付けたり、一度ならず二度も(同じ人かどうか分かりませんが。)捨てに行く人もいたり、、お互い妥協案をみつけるのは難しいのでしょうか??餌を綺麗に片付ける、トイレを設置する、とか。。(切りつけた人間は許せませんが。)
見つかっても同じことが繰り返されそうで、怖いです。。

ミーちゃんの本読みました!

初めまして。ミーちゃんの本とても良かったですね。
とても感動しました。
私のブログでも紹介させて頂きました。
サロンドクニさんに亡くなった私の母、よく通っていたんです。実は私も何度か行かせて頂きました。
わが家の花子ちゃんとは最近知り合って、亡くなってしまってガッカリしていたところです。ミーちゃん帰ってくると良いですね。ネコだいすき、岩槻だいすき!なお元気主婦です。これをご縁に今後ともよろしくお願いいたします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
ブログリニューアル
このブログは「ミーちゃんを探して」を2017年2月20日にリニューアルしました。
ブログについて
さいたま市岩槻区で地域猫として住民に愛されていた三毛猫の「ミーちゃん」。 このブログはまず、2008年に行方不明になったミーちゃんの情報収集のためにつくられました。 […続きを読む
プロフィール
カテゴリ
本 (8)
RSSリンクの表示
迷子のミーちゃん
迷子のミーちゃん表紙
先生と迷い猫
先生と迷い猫
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10 
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
最新記事
ページへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QRコード